FC2ブログ

美容鍼すごい

美容鍼はやらないんですか、
と時々聞かれますが
美容鍼専門の鍼灸院もたくさんあることだし
ここであえて私がやらなくてもいいかな…と思っています。
とはいえ
高級サロンでどういう施術をされているのか興味はある。
講習会に行ったのは大分前だしやり方も進化しているかも知れない。
何より自分が受けてみたい。
というわけで今をときめく美容鍼灸専門の某院に勤めている後輩ちゃんにきよらまで来てもらって
美容鍼を打ってもらいました。
自撮り写真は載せませんが...
素晴らしい!
顔色が
1段階明るくなり
むくみが取れフェイスラインがすっきりしました。
一緒に受けた大輝先生は
ご自分でも毎日自分の顔に美容鍼を打っているのですが
その彼女も絶賛。やはり自分で自分の顔にやるのは限界があります。
人にやってもらうのが1番。
定期的に受けたいわ~
たまにランチに行くポンテボッカさんが
6周年でした。
美味しいランチと美容鍼、良い休日です。
Date: 2019.04.14 Category: はりきゅうに関係する話あれこれ  Comments (0) Trackbacks (0)

鍼灸のホントの力

最新科学で迫る鍼灸の秘密 鍼灸のホントの力 という番組を最近NHKでやっていましたが
ご覧になった方いらっしゃいますか?
残念ながらうちに来るお客様は誰一人見ていないようです笑
というわけで最近は
ここはねえ、ラットの実験だと血中のオレキシンっていうホルモンが減るんですって!
つまりは視床下部に働きかけてストレスを緩和したと考えられるんですって!
と語りながら百会を刺しております。
前から私はほとんどの方に百会は使う派なんですが、
ストレスが減るよ!と説明しながら刺鍼していると
何も言わないで使う時よりも
更にリラックスしてもらえている気がします。

番組中に私が気になったのがこれ。



米軍が使っているという
battlefield acupuncture、戦場での耳鍼用の鍼。
この形・・・一体どういう刺され心地なのか。
「わずか5mmほどの」とは言うものの、
5ミリって結構大きくない?
調べてみると
日本で販売しているところはないようで。

で、早速母校で教員をしている同期にLINEしてみました。
「ああ、受けたことあるよ。学校に講演会に来てもらったので」
と即答が。流石学校関係者〜
しかし
「痛いよ。何しろ戦場で抜けたりしない作りになっているわけだからね」
・・・なるほど、痛いのか〜
興味はあるけど当面は、大不留行かマグレインでいいかな。
Date: 2019.04.12 Category: はりきゅうに関係する話あれこれ  Comments (0) Trackbacks (0)

ついに幻のカヌレを買えました

私の好きな洋菓子ベスト3は
サヴァランとミルクレープと、そしてカヌレ。
駅前にシェ・リュイがあるので食べたい時にカヌレが買える有り難い環境ですが
実は祐天寺には知る人ぞ知るカヌレ専門のお店がある、と以前に耳にして以来ずっと気になっていました。
しかしそのカヌレ、土日しか売っていない
まさに幻のスイーツ。
しかも開店してすぐに売り切れてしまうらしい。
いつか絶対行こうと思っていたら今日
午前中にキャンセルが出たのでそのお店、
Dans la Poche(ダンラポッシュ)さんに行って開店30分前から並びました。
11時に着いたんですが既に10人以上の方が並んでいてびっくり。
一人10個までしか買えないので前に並んでる人たちが全員10個ずつ買ったらあっという間になくなりそう。
私の番までちゃんとあるかしらとちょっと不安でしたが開店少し前に店主さんが数の注文を取りに出てきて、どうやらセーフでやれやれ。
列の最後に並んでいた数人の方は買えなかったようです。
即完売というのは本当でした。

で、いざ買えるとなっても
開店してからお金を払うまでにさらに40分。
お客の希望に合わせて
2個ずつとか、4個と6個に分けるとか、
別々に丁寧に三角に包んでくださるので時間がかかるのです。
そのまま都立大の花屋に行って
戻ったらきよらを出てから2時間経っていて
危うく午後の予約時間にかかるところでした。
これはかなり余裕がある日じゃないと買いにいかれないから次はいつ行かれるやら...


そのカヌレですが...

本当に美味しい!
外側がカリッとしていて中はしっとりクリーミィ。
いつも食べているカヌレよりさらに外がほろ苦いのもいい。
私は下戸なので関係ないですが
ワインに合うお菓子というコンセプトだそうです。
夫が美味しいと言って赤ワインと共にパックン、
息子もこれ旨いなともぐもぐ...
あーあ 躊躇せず10個買えば良かった。
Date: 2019.03.16 Category: 食べ物や雑貨の話  Comments (0) Trackbacks (0)

ヤン・リーピンの覇王別姫


昨年から楽しみにしていたヤン・リーピンの覇王別姫。
発売開始時間に合わせてチケットを取った成果で、6列と書いてあったのですが一番前の席でした!!
今年二番目の嬉しいことです!
楽しみにしていた割には今回 一切何も下調べせず
手元にチラシもなく 覇王別姫 といえば
レスリー・チャンが出てた映画のあのイメージだな...とホールに足を踏み入れると
場内に響くかちゃかちゃという音。
天井から吊るされた大量のハサミがゆっくりと揺れているのが視界に入って度肝を抜かれました。
その数、千本どころではありません。
途中まで数えてやめましたが、二万本だそうです。
二万本の刃物の下で踊るって...
そして開演前から舞台右端で黙々と
白い紙をひたすらハサミで切る切り紙師の女性。
キター!
こういう演出の導入は今回もピナ・バウシュへのオマージュを彷彿とさせます。
漢字を切ってるのがかっこいい。
「静」という大きな切り文字を彼女が掲げて
舞台が始まります。
男性全員見事なシックスパックで
力強く且つ美しい回転技が何度も披露されましたが
合気道ばかりやってるせいで飛び受け身にも見える...
半裸が多いので筋肉Showというか、これ 別に、
覇王別姫というストーリーに沿わなくても良いのでは?
と個人的に思う部分もあり、
私は民族舞踊を前面に出した「シャングリラ」の方が好きですが
それでもやっぱりヤン・リーピンの生み出す世界が鳥肌が立つほど
見るものを心酔させる魅力があることに変わりなく。

日本公演はたった4日間。
ヤン・リーピン本人はカーテンコールにしか出ていませんが
相変わらず美しい。
振付家として、監督として
まだまだ素晴らしい舞台を作り続けてくださるでしょう。
早くも次の来日公演が待ち遠しいです。
久しぶりに今年は他にもダンス、観に行こうかな。
Date: 2019.02.22 Category: 映画・舞台・展示・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)

お花屋さん発見


フラワーショップ和田が閉店してしまいました。
今月になってもお店の片付けには来ていたので
何度かお喋りできましたが
2週目にはさすがに全て片付け終わってしまったようで
本当にお別れ。(ご自宅の住所は聞きました♫)
凹んでもいられないので
次のお花屋さんを...と思ったら
意外とあっさり、自分にとってしっくりくるお店を発見。
都立大学にある花屋MOCOさん。
きよらから徒歩圏内でないのが残念ですが
置いてあるお花がとっても素敵。
和田さんは男性だったし年齢的にも上なのでお花の稽古で使うようなシックなお花が多かったけれど
MOCOさんは多分私と同世代くらいの女性なので
店内のお花は華やかな色合いで、お仏花よりもテーブルに飾ったりプレゼントしたりするのに適した花が多い感じ。
しかも和田さん同様、値段設定が安く
今日などは大好きなキンセンカが10本で500円!
大丈夫かと心配になると同時に
毎週気軽にたくさんお花が買えるので
例え休診日であっても常時 花を絶やしたくない私としてはすごく有難い。
ああ もうちょっと近かったらもっと通えるのに。
私もそうだからかも知れませんが
こういう、店主が一人で頑張っているようなお店が好きです。

この花瓶は和田さんから頂いた植木鉢だけれどペットボトルを入れて花瓶として使うことにしました。
さて今日も楽しんでいこう。
Date: 2019.02.13 Category: 食べ物や雑貨の話  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Saori Takano

Author:Saori Takano
「ここに来て良かった!」と心から言っていただける治療室を目指しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ