FC2ブログ

「ハリトヒト。マーケット/ハトマ」に行ってきました 3 がんと鍼灸

「ハリトヒト。マーケット/ハトマ」の
二人目の講演者は赤星未有希先生
彼女の話を直接聞くのも今回ハトマに行った目的の一つ。
身内と友人のがんが私が鍼灸師になるきっかけになったこともあり、
昔は緩和ケアに関わることに強く興味がありました。





ハリトヒト。赤星先生インタビュー


がんサバイバーである赤星先生ご自身のことについては
上記リンクのインタビューを読んだ方が正確なのでここでは省略。


学生の頃は志すものだけは熱かったのだけれども
がんと一口に言っても
場所も年齢も症状も治療法も違う、標準治療と言われるものも日進月歩で
刻々と変化している、となると
病院の医療現場と接する機会がない我々市井の一鍼灸師が
正確な知識なんて持ちようがないと今では思っています。
現実問題として、手を尽くしてありとあらゆる療法で取り組んだとしても
治らないものがあるのを実感してからは
鍼灸でがんを治せるかもしれない、もしくは緩和ケアに自分が貢献できないか、
という点に固執しなくなったし
以前より選択肢が増えてきて、果たしてがんになった方に施術をするのに
鍼灸師はどういうスタンスで臨むのが今求められているのか。
そこに関心がありました。


彼女の話を聞いてみて、私がやってきたことや心構えは
多分、求められていることとさほどずれてはいないと思えました。
もちろん、相手の期待通りに提供できているかどうかは別で
不用意な言葉で気づかずに相手を傷つけてしまったこともあっただろうし、
ある人には救いになる言葉がある人には真逆になることもあります。
私のようについついおしゃべりになってしまう人間には
施術そのものより会話のスキルが重要になってきます。
言葉選びには気をつけないといけませんが
たとえ同じ道は歩んだことがなくても寄り添おうとする、
来てくれた人に自分の信じる施術で真っ直ぐ取り組む、という
姿勢が大切ですね。
がんの標準治療に伴う副作用への対処療法としての鍼灸は有効とのことなので
自信を持ってやっていきたいと思います。
時々、重篤な状況の方に来ていただくこともありますが、
初対面ではなかなか突っ込んだ質問は難しいし
内容によってはご本人が口に出すこと自体、苦痛だと思っている場合もある。
鍼灸師の取り組み方としては、がんにフォーカスしすぎてはならない。
病気はその人のごく一部の部分だとして
他の疾患の方と同じように一個人として接することを大切にする。
がんを慢性疾患と同じように自然に受け入れ
QOL(生活の質)を上げることを目的とした施術をする、でいいのだと。
長患いをした人間が身内にいたり、現状 介護などをしていると
すんなり納得できますが
まだ学生だったり、周囲にすこぶる健康な人しか見当たらないと
こういう講演で当事者の方から話を聞く以外、
知見を広める機会がないでしょう。
若くしてがんサバイバーとして不特定多数の前で演者になるというのは
大変に勇気の要ることだったと思いますので
講演された赤星先生の勇気に頭が下がります。


この講演を聞いた人が他の十人に伝え、その十人からさらにまた次の人へ・・・
と輪を広げていけば
がんになった方々がより生きやすい社会へと繋がるのではないでしょうか。
Date: 2019.11.01 Category: 映画・舞台・展示・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)

遅ればせながら栗。




今年は栗はまだですかと催促されまして
そういえば届いていなかったなと。
しかし毎年送ってくださる方に催促するのは変だし申し訳ないので
近所のスーパーで買って作ってみたら
「美味しくない」
と言われてしまいました。
みんな正直で嫌だな。

そして・・・例年より遅れて、
今年も栗が送られてきました・・・!

ということで、今年も
期間限定で施術後に渋皮煮をお出しします。
無くなり次第終了です。
Date: 2019.10.31 Category: 食べ物や雑貨の話  Comments (0) Trackbacks (0)

「ハリトヒト。マーケット/ハトマ」に行ってきました 2 いっしんさん

今回 私の使ったことがない鍼メーカー いっしんさんが
ブースを出されていて、
色々 鍼のサンプルをいただきました。
鍼の先がね〜、と柔らかい関西弁で説明してくださったの女性が
社長さんでした!
学生時代には色々な場所でプレゼンを受ける機会がありましたが
今ではうちのような小商いでは
メーカーさんが出展するような大きなイベントには普段全く縁がないし
ネット注文ばかりだったので
こういう機会は楽しい。






私は主にユニコとセイリンという二つのメーカーの鍼を使っているのですが
竜頭のついた中国鍼風のものが気になるので
今度、頭の鍼にはこちらも使ってみようと思います。
米国製のステンレスを使っているのがこだわりだそうですが
違いがわかるだろうか(汗)。。。




この柄、なんだかわかりますかね?
鍼にも色々あるのですが
こちらはローラー鍼とか集毛鍼とかをイラストにした
いっしんさんオリジナル手ぬぐい。
迷わず買いました!


Date: 2019.10.28 Category: 映画・舞台・展示・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)

「ハリトヒト。マーケット/ハトマ」に行ってきました 1

鍼灸師によるwebメディア、ハリトヒト
イベント「ハリトヒト。マーケット/ハトマ」に行ってきました。


noteで読んでいて、なんか久しぶりに若い熱量を感じるなあと感銘を受け、
実際にどんな人が企画しているのか興味があったのと
日本鍼灸へのまなざし」の著者、松田 博公さんの対談が見たかったのですが
この会をなんと形容するのか、
場所が学校だし、雰囲気としては鍼灸師のミニ文化祭みたいな感じでしょうか。







書籍化したハリトヒトvol.2と美味しいお弁当が付いた講演会で、かなりお得。
幕張遠い!なんて思ってたけど早起きして出かけた甲斐がありました。

AcupopJとか、何それ 知らない
ってこともいくつかあり、
一旦学校から離れてしまうと本当に鍼灸師というのは
横つながりが弱い職業だとあらためて実感します。

松田先生の対談では
医師は「免疫力」という言葉を使うが、
「自然治癒力」という言葉は好まない、というのが印象的でした。
鍼灸はどちらかといえば
自然治癒力を賦活するものですが
そういえば私も施術中に「免疫力」という単語を使っています。
これから意識的に「自然治癒力」の方を使っていこうと思います。









副校長の内原先生に易を体験させていただきました。
学生時代に易が得意だという先生に
「私が鍼灸師になったのってどうなんでしょう」と聞いて
水雷屯を出してしまい、長年思い出しては
選んだ道険し!と悩んだくせに
今回も「とりあえずこれから3年ぐらいの過ごし方」と聞いて
雷山小過を出してしまいました。

「3年」とか博打に出ないで「これから1年の展望」にしとくんだったなあ。
まあ、人生、地道な努力あるのみです。はい。
易は楽しいので
これから大輝先生とちょっと勉強していこうと思います。




Date: 2019.10.28 Category: 映画・舞台・展示・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)

甲野陽紀氏 セミナー

甲野陽紀 さんの本
「身体は『わたし』を映す間鏡である」。


身体の話というと
鍼灸よりも合気道で考えてしまう今日この頃の私、
先月 この本の紹介を受けて読み始めたとき、
合気道で稽古していることと共通項がある、と
一気に引き込まれました。


「目の前のことを淡々とやることで気持ちにも身体にも落ち着きが生まれる」


別に落ち着いてないじゃんというツッコミが入りそうですが、
いやいや、結構真面目に淡々とやってますので
3年前とは気持ちも身体も違いますよ多分・・・。







そして昨日、九鍼研究会の午後の講座が
この甲野先生のセミナーだというので
すごく楽しみにしていました。


期待を裏切らない体験ができました!


意識の設定が大事というのは研究会代表の石原先生が
昔からおっしゃっていることですが、
その具体例を
二人一組で持った棒を押し合ったり、
肩を押して姿勢が崩れるかどうかの実験を通して
納得していくセミナー。


内容はほぼ本に書いてあることなのですが、
読んだ時は通り過ぎるようなことが、
やってみると奥深い。


「自分の意識の前提を変えると身体のパフォーマンスが変わる。」


例えば、床に平行に腕を伸ばして片足立ちして
先生が上から腕を押す。
軸足に意識がいっていると先生の手を支えられないけれども
挙げた方の足に意識を向けると
グイグイ上から押されても平気。
あ、そうか、
先日 ヨガのレッスンを初めて受けた時
何故かその場では片足で立てなかった理由がわかりました。
緊張して軸足のことばかり考えていたんですね。
それにしても、押されているときに
先生の方から「もうちょっと意識をこっちの足に、そう、できてます!」
とすぐ指導が来るのはびっくりしました。
流石、見ているだけでもわかっちゃうんだなあ。


ちなみに、この本には鍼灸の話は出てきません。
石原先生の出されている本の出版社つながりで
特別ゲストでお招きしたそうです。
でも身体の動きが手足末端の動きと連動しているのは
鍼灸で使うツボを選ぶときの考え方と同じと言えるし
マッサージでも、鍼を打つ動きの中でも役に立つだろうし、
場合によっては言葉の誘導だけで患者さんの感覚を変えるのも可能だと思われますので
鍼灸師は一読して損はないと思います。


調子に乗って、今日  意識の違いで動きが・・・と友人にやってみたけど
今ひとつ会場でやったほどには上手くいきませんでした。
雑念の多い環境下では
一動作一注意に誘導するのが難しい。


これから試行錯誤して
まずは自分自身から、もっと上手に身体を使っていこうと思います。


記念に本にサインしていただき、
面白かったね!とおしゃべりに夢中な帰り道、
私の肩に会の名前シールがデカデカと貼ったままだと
教えてくれる人は誰もいなかった・・・
家まで1時間、電車もバスも、そのままで帰ってしまいました!
昔 印堂にせんねん灸貼ったまま中央線に乗って以来の赤っ恥です。
まあそれくらい興奮が冷めやらなかったということでご愛嬌・・・。


本は治療室に置いておきます。
ご興味ある方は是非お手に取ってご覧ください。
Date: 2019.10.07 Category: 本・雑誌・新聞記事  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Saori Takano

Author:Saori Takano
「ここに来て良かった!」と心から言っていただける治療室を目指しています。

鍼灸治療は相性も重要、
来院するかどうか迷っている方は
ざっと読んでいただいて相性の参考にしてくださいね。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ