FC2ブログ

CUBA 最終日

キューバで釣りをする
という夫たちの願いは形だけ一応叶ったけれど
釣りをする というのと 釣れる というのは別で・・・
再度チャレンジするも、ボウズでした!



島国といえど、気軽に釣りをする場所 というのも
キューバは日本ほどは無いようで。
ホテルで聞いて観たけれど
ビーチでは禁止なので釣りしていいような場所は多くはないらしい。
車は借りたけれど釣り場を探し回るほどの時間は無く
それは今回はとても残念でした~

友人のリクエスト、
キューバのコーヒーを買ってきて
ということだったので一人でCafe O'Reillyへ。



結局 キューバで一人で行動したのは
この店とスーパーに一回行ったくらい。



ちょっとお洒落すぎるので外国人メインなんでしょう。









お姉さん可愛かった~

えーと、ここで豆買えるのかなあ、とまごついてたら
「英語?イタリア語?スペイン語?どれならわかるの!」
とすぐ聞いてくれて。
キューバ人にあるまじきテキパキ加減と愛想。

あ~ 3倍は買っとくんだったなと今頃後悔です。
みなさまごめんなさい、。
結局今回スーツケースなしの旅だったので
ほぼお土産は買えず、でした。

キューバで何が一番楽しかった?
と聞かれましたが
特にこれが一番・・・というのは無いです。
ろくに観光らしい観光はしてないしね。

どこの国にもあるようなものが無い、
いまだに馬が走っているような非日常感は最高でした。
治安が良く、人々の気分も荒んでない雰囲気が良かった。
東京みたいにイライラした感じの人はあまり見かけませんでした。
電話局で並んでWi-Fiカードを買った時の、受付のスタッフの
めちゃくちゃスローペースのやる気のない感じ、
社会主義国に来たんだなと思ったのはその時くらいで
他の場面では街中のスローガンの看板以外では
あまり意識させられることもありませんでした。
物資は豊富でないけど
そんなに必死に働かなくても食べて行かれるって
いうのは悪くはないと思う。
医療費無料はとても大きいでしょう。
どこの町にもちゃんと病院があるようでしたし。
(ただ、ネットで見ると日本ほどではないにせよ
キューバの自殺率は世界的に低い方ではなかった)

東京戻って
この暑いのにネクタイ締めてる人を見るにつけ
気の毒すぎる!と思いました。
過労死って概念 中米の人にわかるかな...

街並みも車も古いけれど、不衛生という感じはしませんでした。
落書きや道端のゴミが少ないのは良かった。

キューバはこれから大きく変わっていくのでしょうが
可能であれば貧富の差を極端に拡大することなく
他の国とは違う発展の仕方を模索して欲しいな
と無責任ながらも願います。

モヒートも飲んでないし音楽漬けもしてない。
民泊でしみじみと地元民と語り合ったりも無し。

行った人によって
それぞれ少しずつ違ったイメージを持つ国だと思います。

でも、
楽しかったよ!

Vamos a Cuba!!!



カストロ議長のお墓



ゲバラのお墓

Date: 2018.09.01 Category: 日々徒然  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Saori Takano

Author:Saori Takano
「ここに来て良かった!」と心から言っていただける治療室を目指しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ