FC2ブログ

映画 「100,000年後の安全」を観て来ました

「100,000年後の安全」を観てきました。

この映画、絶対日本の国会議員全員が観るべきだ!と思ったら
明日、衆議院第一議員会館で上映会をするそうです!!

主にインタビューと工事現場とその周辺だけで成り立っているので
低予算だと思いますが
映像が美しい。
しかしその美しさは
人類の終焉を彷彿とさせるようでもあり、背筋が寒くなります。
久しぶりに肩と背中がばりばりにこりました。

フィンランドには18億年前から変わらない地層が存在するそうで、
すなわち、放射性物質の影響がなくなる10万年後も
安定していると思われるその場所に
現在放射性廃棄物を埋める場所を建設中。
最終処分場を作るのは世界初の試み。
工事の終了予定は2100年!
今年生まれる子供達の何人がその時生きているだろうかという先の長い話ですが
地下500m、地震も起きないし
10万年埋めておくということで万事解決・・・?
と、思ったら
もちろんそんな甘い話ではなくて。

人間社会は非常に不安定。

地上でいつまた戦争が起きるかわからない。
あるいは大災害。
フィンランドという国自体、あと何年存在するのか。
国が消滅した場合、誰がその存在を記憶するのか。
地下に埋めた放射性物質を、誰も掘り出さないという保証はあるのか。
地上に「ここに危険なものを埋めた」という標識をつけるか。
その標識は、その時の人達に解読できるものであるのか。
もしくはまったく標識をつけないのか。
そもそも地下の建造物は何年くらいの耐久性があるのか。(コンクリートが1000年持つはずもなし)

少なくとも100年くらいは「この下に危ないものが埋まっているから近づかないように」
という情報を伝えられるとしても、
では300年後とか500年後はどうか。
世界はどうなっているのか。

うわあ・・・伝えるのは不可能、かも。

学者の予想では、建設区域は6万年後にはツンドラ気候になり、
人の居住は困難になるそうです。
そもそも今の勢いだと6万年後には人類はいないんじゃないかという気もしますが、
気候云々の前に
数百年後に掘り出した放射性廃棄物で被害を受ける人達がいたら。

大量の放射性廃棄物を抱えている日本、
本当に他人事じゃない、
この先どうするんだ!!!




Date: 2011.07.26 Category: 映画・舞台・展示・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Saori Takano

Author:Saori Takano
「ここに来て良かった!」と心から言っていただける治療室を目指しています。

鍼灸治療は相性も重要、
来院するかどうか迷っている方は
ざっと読んでいただいて相性の参考にしてくださいね。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ