FC2ブログ

ガンを治す108の方法


すごいタイトルの本だなと思いました。
何か一つに注目して書かれた「○○で治る」系の本は沢山ありますが、
108も羅列!
実際巷に溢れる情報はこの何倍もあるでしょうが、
これは比較的メジャー(?)な方法を取りあげているようです。

「ガンを治す108の方法」

読んでいて気分が前向きになります。
内容が内容なだけに「これで治ります」的な明言は避けてあり、
言葉選びは慎重ですが、
それでも「有効」とか「期待」とか、ポジティヴな漢字が
多い本は目にも栄養。
西洋医学的処置を前提としてそれ以外の代替医療を
108通り羅列するのではなく、
外科手術やレーザーも108あるうちの方法のひとつという捉え方になっているのが
私には新鮮に感じました。
一つの方法だけを取り上げた本を読むと
どうしてもそれがいちばんなんだという感覚に陥りますが、
解説が一方法につき見開き2ページずつ平等に割り振ってあって
「これは色々な選択肢のひとつ」と冷静になれるところもイイ感じです。
項目ごとの最後に帯津先生の「ここがポイント!」というコメントが
数行ついてますが、真面目にコメントしているものもあれば
肩の力が抜けているものもあり、これがまた味があって好きです。
例えば040番備長炭の項目を締めくくる一行、

「”木炭”、なんと美しい響きではありませんか」

・・・ぐっときます。

冒頭の写真は041番目「有機ゲルマニウム療法」に記載のある「ルルドの泉」の水です。
前に自転車ネタで書いた友人リンダちゃんのツールドフランス観戦ツアーの
お土産でいただきました。
このプラスチック製容器は現地で販売しているそうですが、
水を持ち帰るのはもちろんタダだそうです。
興味はあったけれど事前に頼んでいたわけではないので、
この思いがけないお土産はすごく嬉しいー。
この本によるとルルドの泉には
有機ゲルマニウムが大量に含まれていて、
その成分が病気に良いと言われているとか・・・
あっ じゃあ聖水だから身体にかけたりしても良いのかと思っていたけど
飲まないとダメなのね。


<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=powdersnowhea-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4806127280&fc1=000000&IS2=1<1=_blank&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0">
Date: 2007.10.05 Category: 本・雑誌・新聞記事  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Saori Takano

Author:Saori Takano
「ここに来て良かった!」と心から言っていただける治療室を目指しています。

鍼灸治療は相性も重要、
来院するかどうか迷っている方は
ざっと読んでいただいて相性の参考にしてくださいね。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ