FC2ブログ

悩みのるつぼ 卒業講演会に行ってきました

ネットや新聞や雑誌の、悩み相談コーナーを読むのが好きです。
昔は世間には色々な悩みがあるな 自分の悩みなんか小さいな、
という視点で読んでいましたが
今では自分だったらどう答えるか、
回答者になったつもりで妄想しています。

悩み相談の回答者では
(恋愛相談中心なので最近は読んでないけど)DJあおいさんとか、
故・車谷長吉さんとか、好きな人は何人かいるけれども
中でも岡田斗司夫さんの回答が、
あとで読み返すくらい面白い。
その10年続いた朝日新聞の「悩みのるつぼ」連載もついに終了。
今日はそれを記念した「卒業講演会」に行ってきました。
好きに話したいし僕の趣味みたいなもんですから、とおっしゃって
参加費無料、会場費は岡田さんの自腹!

実は私が応募した分は見事に外れたんだけれども
くじ運の良い友達がいて幸いでした。




人気コーナーなのに引退する理由は

「自分の答え方がパターン化してきてしまって
回答を考える楽しさよりしんどさがちょっと上回ってきたから
辞めどきだなと思った」

からだそうです。

「こういう仕事はやり甲斐100%、それ以外は0%で臨むべき仕事」

なるほど。
新聞に載った実際の相談文を例に挙げて
どのように回答を導き出したのか解説してもらったのですが
岡田さんレベルには遠く及ばないにしても
職業柄 そこそこ 人の悩みは耳にすることがある身としては
全てが参考になりました。
岡田さんの回答に納得できず、
占い師のところに行って同じようなことを言われて
結局そこで納得した例

「所詮 新聞の人生相談のロジックは占い師に負ける」

とか、会場 爆笑でした。

後半は会場から集めた悩み相談メモに
その場で簡単に答える岡田さんらしいアドリブの効いたコーナーで、
笑いを取るところも多かったけれど
「自分の子が引きこもりで、
外に出るとご近所の親子が仲良く散歩していたりして
見るのが辛い、どうしたら人と自分とを比べなくなりますか」
という質問に対して
「この相談者はちゃんと周囲をよく観察していない。
引きこもりというのは外からは見えないんです。
自転車の数、洗濯物など
よくよく観察すれば
実はあなたの近所に同じような境遇の人は沢山いる。
引きこもりは500万人くらいいるという推測もある。
ということはそれぞれに両親や兄弟など、家族がいたとしたら
2500万家庭に引きこもりが一人いるということになります。
あなたがするべきは
まず近所の引きこもりを支援しているようなところに行って、
周りに実は同じ悩みを持つ親がこんなに沢山いるんだと知るところからじゃないでしょうか」
という真面目回答も。
「同じ悩みを持つ親は他にもいるはずですから支援センターに行ってみては」
というシンプル回答より、
ホワイトボードに家のイラストを書きながら
説明してくれる岡田さんの話の方がすっと入ってくるのは
やはり、結論をいきなり言わないで
筋道立てて説明してくれるのと、語り口調が柔らかいからですね。
レコーディングダイエットで痩せたところから
かなりリバウンドしてしまってるのが
ちょっと残念(?)だけど
やっぱり魅力的な人でした。






例年この時期は雨が多いですが
今日は降らなくて良かった。
帰りに近所のお神輿に遭遇できました。
Date: 2019.09.23 Category: 映画・舞台・展示・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)

ツムラの茨城工場見学に行ってきました

灸法臨床研究会さんの企画で
ツムラの工場見学に行ってきました。
厳密に言えば見学者は工場内部には立ち入れないので
漢方記念館がメインですが
今のところ医師 薬剤師 医療関係の学生など以外には特に一般公開的な開放はしていないそうで
この機会に見られて良かったです。






一緒に参加した大輝先生もノリノリ。

薬草園。

所々に置いてある彫像が
神農とかでなくヨーロッパ風なところが疑問ですが
どなたかの寄贈品なのかもしれませんね。

漢方の処方ごとに植物を植えているのが興味深いです。







漢方を試そうかどうしようかと言う事はよく相談されますし
自分でも最近ツムラの漢方を服用しているので
農薬などの安全性や品質に関するところは前から気になっていました。
気候的に国内ですべての薬草を栽培するのが難しいと言うこともあってほとんどが中国産ですが
きちんとその辺の基準を設けて検査しているという話も確かめられて
これからも心配なく漢方をお勧めできそうです。
Date: 2019.06.27 Category: 映画・舞台・展示・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)

ヤン・リーピンの覇王別姫


昨年から楽しみにしていたヤン・リーピンの覇王別姫。
発売開始時間に合わせてチケットを取った成果で、6列と書いてあったのですが一番前の席でした!!
今年二番目の嬉しいことです!
楽しみにしていた割には今回 一切何も下調べせず
手元にチラシもなく 覇王別姫 といえば
レスリー・チャンが出てた映画のあのイメージだな...とホールに足を踏み入れると
場内に響くかちゃかちゃという音。
天井から吊るされた大量のハサミがゆっくりと揺れているのが視界に入って度肝を抜かれました。
その数、千本どころではありません。
途中まで数えてやめましたが、二万本だそうです。
二万本の刃物の下で踊るって...
そして開演前から舞台右端で黙々と
白い紙をひたすらハサミで切る切り紙師の女性。
キター!
こういう演出の導入は今回もピナ・バウシュへのオマージュを彷彿とさせます。
漢字を切ってるのがかっこいい。
「静」という大きな切り文字を彼女が掲げて
舞台が始まります。
男性全員見事なシックスパックで
力強く且つ美しい回転技が何度も披露されましたが
合気道ばかりやってるせいで飛び受け身にも見える...
半裸が多いので筋肉Showというか、これ 別に、
覇王別姫というストーリーに沿わなくても良いのでは?
と個人的に思う部分もあり、
私は民族舞踊を前面に出した「シャングリラ」の方が好きですが
それでもやっぱりヤン・リーピンの生み出す世界が鳥肌が立つほど
見るものを心酔させる魅力があることに変わりなく。

日本公演はたった4日間。
ヤン・リーピン本人はカーテンコールにしか出ていませんが
相変わらず美しい。
振付家として、監督として
まだまだ素晴らしい舞台を作り続けてくださるでしょう。
早くも次の来日公演が待ち遠しいです。
久しぶりに今年は他にもダンス、観に行こうかな。
Date: 2019.02.22 Category: 映画・舞台・展示・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)

顔たち、ところどころ を観てきました



キャンセルが出て時間が空いてしまい
水曜日は映画の日~、ということで
顔たち、ところどころ
を観てきました。

アニエスヴェルダ(88歳 映画監督)とJR(33歳 アーティスト)が組んだドキュメンタリー風のフランス映画。

88歳まで生きられたとして
誰もが33歳の若者に
あんな気の利いた台詞の言えるおばあちゃんにはなれない。

墓参り中に、
死ぬのは怖いかとJRに訊かれて
いいえ
待ち遠しいわ
だって最期だもの
と答えるアニエス かっこいい。

最初 絶対サングラスと帽子を何処でも取ろうとしないJRに
人生の大先輩の前でもそんな態度かい
と思っていたのが
観終わると
好感度がぐっと上がってました。

ドキュメンタリーのようでいて
巧妙に作り込まれた感じ。
のどかなフランスの田園風景に誘われて
眠くもなってしまいましたが
それも含めて
自分も一緒に旅行に連れて行ってもらった気分になれました。
ぼんやりいい感じで終わるのかと思いきや...
でも、良いラスト。
帰りにVironでサンドイッチを。

次のお客様を待ちながら
コーヒーを飲みつつ
もうしばらく映画の世界に浸ります。
Date: 2018.09.26 Category: 映画・舞台・展示・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)

映画 DRIES を観てきました

昔 憧れだったドリス・ヴァン・ノッテン。
最近のドリスの服は全然知らないけれど
ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男
を観てきました。
個人的に期待していたほどは、彼のクリエイションの深淵に迫るという内容ではなく
雑誌で「ドリス・ヴァン・ノッテン特集」を眺めてるような感覚の映画で
不覚にもコレクションシーンでは眠くなってしまった...
しかしコモの織物工場とインドの刺繍作業場のシーンには
見入りました。もっと見たかった。
それと、ドリス達が住んでいる家!
完璧なまでに作り込まれた広い庭、
日本では見かけない種類の木々や草花に溢れていて
とにかく綺麗。
ちょっと整いすぎているくらい。
インタビューに担当の庭師も出ていると良かったなあ。

自転車で界隈を往復するのがメインになっている今日この頃、
電車にあまり乗らなくなって
昔のようには服を買わなくなってしまいましたが
久しぶりにキラキラした世界観に触れて
今年は散財したくなりました。



クリスマスローズが次々と。
今回は花芽が沢山出てきました。
何の手入れもしてなくても立派に咲いてくれるありがたい花です。
Date: 2018.03.08 Category: 映画・舞台・展示・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Saori Takano

Author:Saori Takano
「ここに来て良かった!」と心から言っていただける治療室を目指しています。

鍼灸治療は相性も重要、
来院するかどうか迷っている方は
ざっと読んでいただいて相性の参考にしてくださいね。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ