FC2ブログ

ひとの気持ちが聴こえたら SWITCHED ON

去年から読みたかった本、
「ひとの気持ちが聴こえたら」。
期待以上。
原題はSWITCHED ON A Memoir of Brain Change and Emotional Awakening。
すごくいい邦訳タイトルだと思った。
筆者のジョン・エルダー・ロビンソン氏は
1970年代にキッスの「火を吹くギター」を制作した人らしい。
若くして独学で世界トップレベルの音響機器の整備や設計技術者になったものの
人間関係がうまくいかずその仕事をやめてしまう。
しかし車の修理工に転身して成功、
そのあとは自閉症に関する本を出版して有名になる、という
仕事面では他人から見れば羨ましいような経歴。
しかし彼自身は自分のアスペルガーの特性から来る対人関係の問題に悩まされ続けていたという。
(人から見るとそれまでの彼は常に自信に満ち溢れ、
対人関係で悩んでいるようには全く見えていなかったというのも興味深い)
その突破口を求めて
2008年 経頭蓋磁気刺激(Transcranial magnetic stimulation 略してTMS)の研究に
参加したところからこの本の記録が始まる。
彼の脳の中の接続が変化したことで、
彼自身の感受性が劇的に変容を遂げる物語。
彼はそれまで
・人に対応する
・適切なことを言う
・人が当たり前と思っている行動をする
ということが極度に出来なかったのが
この刺激を受けた直後は相手が全てを口に出さなくても相手の気持ちを汲み取れるようになり
その後、刺激の効果があると言われる時間を超えても
他人から見て好ましい言動ができるようになった。
ここでこの話があっさりと終わると
自閉症は将来、TMSで治療できる可能性がある、めでたしめでたし、
になってしまうが
そうはならない。
研究への他の参加者は必ずしもジョン・エルダー・ロビンソン氏のような持続的変化とはならず
すぐに元の状態に戻ってしまったり、
そこまでの効果が出なかったり。
そしてそれまで良い関係だった二人目の妻との関係は
彼が感情を汲み取れるようになったがために悪化して離婚に至る。
時に、人の気持ちがわかりすぎるのは良いことばかりではないのだ。
彼が研究に前向きに参加しつつも問いかけるのは
TMSが自閉症のもたらす社会的苦痛を和らげることに使われるのは喜ばしいことだが
自閉症を「治療」対象とするのが正しいことなのかどうか、
そして必ずしも将来良い結果になるのかどうか、であり
その答えはここにはまだない。
自閉症の人の脳の働きを
多くの人の通常の状態に近づけることによって
特定の分野の秀でたものを抑え込むことにもなる。
実際、過去に偉人と言われた人の子ども時代の振る舞いを
現代に置き換えると自閉症と診断されたであろう人が少なくない。
彼自身、子どもの頃に寂しい思いをしたが
今では自閉症だったから大人になって
ある分野において成功したとわかっていると述べている。
彼は人の顔の認識能力が著しく低いが
(実は自分の息子のことも顔では判別ができず、服やその時の状況で判別しているとこの研究で判明)
全く同じ型の黒のメルセデスベンツが10台、目の前に並んでいても
1台1台の違いを明確に指摘できる。(かなり驚き!!!)


⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎


で この話を身近に置き換えてみると、
かつて専門学校時代、「ツボは見える」と仰った先生がいた。
皮膚を見るとどこがツボか、どの方向にどのくらいの深さで鍼を入れるべきか
見えるんだそうな。
先生の技術は確かにすごかった。
しかし決して万人に思いやりがあるとは言えなかったというか、
わりと偏った性格の方だった。
それを補って余りある鍼灸の才能に恵まれていたけれども
思えば先生は常識を外れない程度に人の気持ちがわからない人だったのだ。
自閉症と診断されるレベルではないにせよ
カリスマとか、才能があると言われる人には癖のある人が多い。
天才的な先生方のことを思い出しつつ、
自分の中の対人傾向についても考察ができたので
読んで良かった。





Date: 2020.03.20 Category: 本・雑誌・新聞記事  Comments (0) Trackbacks (0)

甲野陽紀氏 セミナー

甲野陽紀 さんの本
「身体は『わたし』を映す間鏡である」。


身体の話というと
鍼灸よりも合気道で考えてしまう今日この頃の私、
先月 この本の紹介を受けて読み始めたとき、
合気道で稽古していることと共通項がある、と
一気に引き込まれました。


「目の前のことを淡々とやることで気持ちにも身体にも落ち着きが生まれる」


別に落ち着いてないじゃんというツッコミが入りそうですが、
いやいや、結構真面目に淡々とやってますので
3年前とは気持ちも身体も違いますよ多分・・・。







そして昨日、九鍼研究会の午後の講座が
この甲野先生のセミナーだというので
すごく楽しみにしていました。


期待を裏切らない体験ができました!


意識の設定が大事というのは研究会代表の石原先生が
昔からおっしゃっていることですが、
その具体例を
二人一組で持った棒を押し合ったり、
肩を押して姿勢が崩れるかどうかの実験を通して
納得していくセミナー。


内容はほぼ本に書いてあることなのですが、
読んだ時は通り過ぎるようなことが、
やってみると奥深い。


「自分の意識の前提を変えると身体のパフォーマンスが変わる。」


例えば、床に平行に腕を伸ばして片足立ちして
先生が上から腕を押す。
軸足に意識がいっていると先生の手を支えられないけれども
挙げた方の足に意識を向けると
グイグイ上から押されても平気。
あ、そうか、
先日 ヨガのレッスンを初めて受けた時
何故かその場では片足で立てなかった理由がわかりました。
緊張して軸足のことばかり考えていたんですね。
それにしても、押されているときに
先生の方から「もうちょっと意識をこっちの足に、そう、できてます!」
とすぐ指導が来るのはびっくりしました。
流石、見ているだけでもわかっちゃうんだなあ。


ちなみに、この本には鍼灸の話は出てきません。
石原先生の出されている本の出版社つながりで
特別ゲストでお招きしたそうです。
でも身体の動きが手足末端の動きと連動しているのは
鍼灸で使うツボを選ぶときの考え方と同じと言えるし
マッサージでも、鍼を打つ動きの中でも役に立つだろうし、
場合によっては言葉の誘導だけで患者さんの感覚を変えるのも可能だと思われますので
鍼灸師は一読して損はないと思います。


調子に乗って、今日  意識の違いで動きが・・・と友人にやってみたけど
今ひとつ会場でやったほどには上手くいきませんでした。
雑念の多い環境下では
一動作一注意に誘導するのが難しい。


これから試行錯誤して
まずは自分自身から、もっと上手に身体を使っていこうと思います。


記念に本にサインしていただき、
面白かったね!とおしゃべりに夢中な帰り道、
私の肩に会の名前シールがデカデカと貼ったままだと
教えてくれる人は誰もいなかった・・・
家まで1時間、電車もバスも、そのままで帰ってしまいました!
昔 印堂にせんねん灸貼ったまま中央線に乗って以来の赤っ恥です。
まあそれくらい興奮が冷めやらなかったということでご愛嬌・・・。


本は治療室に置いておきます。
ご興味ある方は是非お手に取ってご覧ください。
Date: 2019.10.07 Category: 本・雑誌・新聞記事  Comments (0) Trackbacks (0)

漫画 きょうの灸せんせい



みけねこ鍼灸院に続いて
また鍼灸漫画発見。
しかも今回は灸だけ!
巻末にフェリシモの灸セットの写真が載っているので
コラボ作品なのでしょうか。

京都のお灸治療院。
昔、後輩が京都で開業してた時のお店も
素敵だと思ったけど
やはりお灸のふんわりと漂う煙は
「和」のイメージだから京都の風景と合いますね。
この漫画にも猫が出てきます。
漫画家さんには愛猫家が多いのですね。

「みけねこ鍼灸院」はかなりユルフワな感じでしたが
こちらはもう少し理屈っぽいことが描かれています。
説明が上手なので参考になります。

灸先生の髪型と顎髭がいかにも、すぎて
好きじゃないけど
続きが楽しみです。

Date: 2017.09.16 Category: 本・雑誌・新聞記事  Comments (0) Trackbacks (0)

透明なゆりかご



ネット広告で一部分だけ表示されるので
以前から気になっていたのですが
思いきって5巻まで買いました。(5冊じゃ大人買いって言わないか)

10代20代では産婦人科領域の話は
環境によっては
全くピンと来ない人もいると思います。

しかし私くらいのトシの女性がこういう話を読むと
多分 流涙率 100% です。
電車の中で読むとか絶対無理。
臨月の妊婦ちゃんが
あっ これ前から読みたかったんですというので
今あんまり感情を揺さぶられるのは良くないと思うのでお産終わったらね、と
思わず止めました。

院内に置いておきますので
一人でそっとお読みください...
Date: 2017.09.04 Category: 本・雑誌・新聞記事  Comments (0) Trackbacks (0)

「生きてるって幸せー!」出版記念イベントへ

縄文ZINEというフリーペーパーが
あるのをご存じでしょうか。
うちの近所のカレー屋さんに置いてあるんですけれども。



8/11、青森県で土偶のゆるキャラをやっているドグ子さんが
田口ランディさんと本を出したというので出版記念イベントに行って参りました。
山田スイッチというのは文章を書いたり
イラストを書いたりする時の彼女のペンネームですが
この日は山田さんではなく、完全にドグ子さんとして登場。

ドグ子さん、実はお子さんが二人いるお母さんなんですが
セーラー服を着て段ボールで出来た土偶を模した被り物をして
縄文の魅力をPRするというハチャメチャでキュートな方なんです。
ドグ子さんルートで行ったイベントなので
田口ランディさんのことは「コンセント」を読んだくらいで
よく存じ上げなかったのですが
お話しを聞いていると
色々な引き出しを持った魅力的な人という印象でした。
小説よりご本人の人生の方が面白い方なのかもしれません。

今回のイベントタイトルが
「縄文人だよ、全員集合!」という謎のタイトルで、
それでも私を含めた周囲のドグ子さんつながりで集まっているメンバーにとっては
「彼女、土偶だしね~」と気に留めていなかったのですが
会場で田口さんのファンの方から
何故縄文なんですか?という質問が出ました。

「縄文にはあざとさが一切ないから」

という答えでした。
なるほど~
ドグ子さんと田口さんお二人の馴れ初め(?)、
そして三内丸山遺跡でのイベント決行などの
いままでの活動紹介の後
ドグ子さんと、
同じく段ボールの被り物とセーラー服姿のjoeさん、
細身の男性yamazakiさんの三人による
「縄文ダンス」へ。
縄文ダンスと言っても、そんなものは実際に見た人はいないので
かなり適当(笑)な踊りになります。
縄文ダンス=昔っぽい踊り をイメージしてると完全に裏切られます。
「あざとさが無い」という話が、彼らのダンスと、その後の今田口さんが取り組まれていること、
すなわち「祭り」に関わる話にうまくつながっていました。

肝心の本の方は、まだちゃんと中身を読んでいないのですが
祭りとはあまり関係なさそうです。
ただ、幸せという単語と、
田口さんがおっしゃった、縄文時代に近づくには学術的に究めていくか、またはアホになって実践するしかない、
というキーワード「アホ」
「アホ」と「幸せ」の相性はきっと悪くない。
人間、考えすぎると不幸になることもありますし
祭事には何故そうするのか頭で考え続けても
答えがない要素も入りますし。
アホという単語には何か人を罵る以外に、
解放されたポジティブなエネルギーも感じます。

それにしてもちょっとネットで検索かけただけで
北から南まで、日本各地に縄文を愛する人々が
実にたくさんいるので驚きました。




Date: 2017.08.18 Category: 本・雑誌・新聞記事  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Saori Takano

Author:Saori Takano
「ここに来て良かった!」と心から言っていただける治療室を目指しています。

鍼灸治療は相性も重要、
来院するかどうか迷っている方は
ざっと読んでいただいて相性の参考にしてくださいね。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ