FC2ブログ

遅ればせながら栗。




今年は栗はまだですかと催促されまして
そういえば届いていなかったなと。
しかし毎年送ってくださる方に催促するのは変だし申し訳ないので
近所のスーパーで買って作ってみたら
「美味しくない」
と言われてしまいました。
みんな正直で嫌だな。

そして・・・例年より遅れて、
今年も栗が送られてきました・・・!

ということで、今年も
期間限定で施術後に渋皮煮をお出しします。
無くなり次第終了です。
スポンサーサイト



Date: 2019.10.31 Category: 食べ物や雑貨の話  Comments (0) Trackbacks (0)

まゆみ シオン 野菊 トリトマ


「まゆみ シオン 野菊 トリトマ」という花だそうです。
なんて可愛い!
今年 知人からの紹介で知った方から定期的に野菜を送っていただいています。
北海道 錦景苑の宮中さん。
15年前から畑に落ち葉を引き込みながら土作りを始めて、現在無農薬・無化学肥料で野菜を作っていらっしゃる方なのですが
野菜と一緒にいつも素敵なお花が入っていて
それが毎回とても楽しみ。
野菜と一緒に写真をコラージュした手作り封筒に手書きの出荷野菜リストと手紙が入っていて
宮中さんの几帳面で誠実な人柄を感じます。
知人からは結構年配の方だと聞いているのですが
電話の声は年配という感じではなく、若い。
土から元気を貰っているのかも。
彼女の手紙を見ると
年を取るほどに、丁寧さが大事になってくるな
なんて思います。
Date: 2019.09.22 Category: 食べ物や雑貨の話  Comments (0) Trackbacks (0)

もんぺ作ってきました

今年の夏は久しぶりに「従来の夏」というか、
梅雨があって、猛暑があって、
そして8月の終わりには暑さも一服して虫の声が聞こえる、比較的まともな(?)夏だったように思われます。
この数年、特に去年は暑すぎました。

さて、過ごしやすい季節になると
あれやこれや、やりたいことを次から次に思いつきます。

先日、ネットで偶然見つけた松陰神社前の、せたがや縁側カフェさん主催
『久留米絣で作る‘うなぎの寝床’のもんぺ』というイベントに行ってきました。
うなぎの寝床』という、
久留米絣のもんぺを作っているメーカーさんの型紙で
洋裁の先生から手ほどきを受けながら自分でもんぺを作ります。
まあ、ネット通販で買うことも出来るんですが
自分で手を動かしたかったのと
所謂「パンツ」ではなく「久留米絣のもんぺ」を縫うというところに興味があったから。

最初に様々な久留米絣の生地を並べていただいて、
私は下川織物さんの縦縞柄を選びました。



結果的に出来上がったものは、
裾にゴムを入れなかったのと、型紙が通常のもんぺパターンよりやや細めなので、
普通のヒッコリーのパンツにも見えます。

人生で服を縫ったのは確かまだ3回目くらいですが
先生のご指導の甲斐あって上出来だと思います!

動きやすい。そして何より久留米絣の肌触りと軽いはき心地、最高。
普段の仕事着に決定~
調子良かったらもう一枚縫います。
作り方を覚えていれば、だけれども・・・

洋裁の先生との繋がりもできたので
今後 新しい患者着を作る時には先生のところでお世話になろうと思います。
またやりたいことが増えた。

来月もせたがや縁側カフェのもんぺ作り企画があるようです。
ミシンをほとんど使ったことがない人でも大丈夫!
少人数でとっても和やかな会でしたよ。
ご興味ある方は是非。

Date: 2019.09.04 Category: 食べ物や雑貨の話  Comments (0) Trackbacks (0)

ついに幻のカヌレを買えました

私の好きな洋菓子ベスト3は
サヴァランとミルクレープと、そしてカヌレ。
駅前にシェ・リュイがあるので食べたい時にカヌレが買える有り難い環境ですが
実は祐天寺には知る人ぞ知るカヌレ専門のお店がある、と以前に耳にして以来ずっと気になっていました。
しかしそのカヌレ、土日しか売っていない
まさに幻のスイーツ。
しかも開店してすぐに売り切れてしまうらしい。
いつか絶対行こうと思っていたら今日
午前中にキャンセルが出たのでそのお店、
Dans la Poche(ダンラポッシュ)さんに行って開店30分前から並びました。
11時に着いたんですが既に10人以上の方が並んでいてびっくり。
一人10個までしか買えないので前に並んでる人たちが全員10個ずつ買ったらあっという間になくなりそう。
私の番までちゃんとあるかしらとちょっと不安でしたが開店少し前に店主さんが数の注文を取りに出てきて、どうやらセーフでやれやれ。
列の最後に並んでいた数人の方は買えなかったようです。
即完売というのは本当でした。

で、いざ買えるとなっても
開店してからお金を払うまでにさらに40分。
お客の希望に合わせて
2個ずつとか、4個と6個に分けるとか、
別々に丁寧に三角に包んでくださるので時間がかかるのです。
そのまま都立大の花屋に行って
戻ったらきよらを出てから2時間経っていて
危うく午後の予約時間にかかるところでした。
これはかなり余裕がある日じゃないと買いにいかれないから次はいつ行かれるやら...


そのカヌレですが...

本当に美味しい!
外側がカリッとしていて中はしっとりクリーミィ。
いつも食べているカヌレよりさらに外がほろ苦いのもいい。
私は下戸なので関係ないですが
ワインに合うお菓子というコンセプトだそうです。
夫が美味しいと言って赤ワインと共にパックン、
息子もこれ旨いなともぐもぐ...
あーあ 躊躇せず10個買えば良かった。
Date: 2019.03.16 Category: 食べ物や雑貨の話  Comments (0) Trackbacks (0)

お花屋さん発見


フラワーショップ和田が閉店してしまいました。
今月になってもお店の片付けには来ていたので
何度かお喋りできましたが
2週目にはさすがに全て片付け終わってしまったようで
本当にお別れ。(ご自宅の住所は聞きました♫)
凹んでもいられないので
次のお花屋さんを...と思ったら
意外とあっさり、自分にとってしっくりくるお店を発見。
都立大学にある花屋MOCOさん。
きよらから徒歩圏内でないのが残念ですが
置いてあるお花がとっても素敵。
和田さんは男性だったし年齢的にも上なのでお花の稽古で使うようなシックなお花が多かったけれど
MOCOさんは多分私と同世代くらいの女性なので
店内のお花は華やかな色合いで、お仏花よりもテーブルに飾ったりプレゼントしたりするのに適した花が多い感じ。
しかも和田さん同様、値段設定が安く
今日などは大好きなキンセンカが10本で500円!
大丈夫かと心配になると同時に
毎週気軽にたくさんお花が買えるので
例え休診日であっても常時 花を絶やしたくない私としてはすごく有難い。
ああ もうちょっと近かったらもっと通えるのに。
私もそうだからかも知れませんが
こういう、店主が一人で頑張っているようなお店が好きです。

この花瓶は和田さんから頂いた植木鉢だけれどペットボトルを入れて花瓶として使うことにしました。
さて今日も楽しんでいこう。
Date: 2019.02.13 Category: 食べ物や雑貨の話  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Saori Takano

Author:Saori Takano
「ここに来て良かった!」と心から言っていただける治療室を目指しています。

鍼灸治療は相性も重要、
来院するかどうか迷っている方は
ざっと読んでいただいて相性の参考にしてくださいね。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ