FC2ブログ

今日のお花



今日の花。
花弁が多くてもしゃもしゃで、ちょっと変わったガーベラです。



名前忘れた。



先週のリンドウもまだきれいなので飾ってあります。

お手洗いはクルクマで。



毎回、一つ一つの花をじーっと見つめるN様。

「ここはいつもお花があっていいわね~
絶やさないから偉いわ
生け方は適当だけどね~」

褒められるのは嬉しいけど
一言多いですよっ
Date: 2014.09.11 Category: 症状 と はりきゅう  Comments (0) Trackbacks (0)

昨日の追記

追記。
今日も花屋に寄ったところ、
「あなたがいなくなったらまた痛くなった」
との事。
随分効果があったなと思ったけど、やはり一発で痛みゼロは難しかったか。

「でも、ほんとに良くなってびっくりしたのよ!」
と、今日は百合をいただきました。

生まれてこのかた、マッサージって一回も行ったことがないそうで
相当感動してもらえたようです。
またお役に立てますように。


Date: 2014.05.22 Category: 症状 と はりきゅう  Comments (0) Trackbacks (0)

寝違えには

いつもの花屋に行ったら
おばちゃんの表情が硬い。
「膝、どうですか~?私ね・・・」
と言いながら見せてくれた首に湿布がペタペタと。

「朝起きたら痛くって・・・全然動かせないの」

あら。じゃあ、まっすぐ正面に立ってください。
いぶかるおばちゃんの両手を出してもらって、
合谷と後谿を指圧すること1分。

「すごい!首回る!どうして!?痛くなくなった!ありがとう!」

お花は破格にしてもらいました。

寝違いに苦しむ方は多いですが、ほっておいても治るので
わざわざ治療院に行かない症状のひとつだと思います。

ツボ押し、本当に効きますので頭の片隅にお留めおきください。


Date: 2014.05.21 Category: 症状 と はりきゅう  Comments (0) Trackbacks (0)

視力と鍼

施術が終わって、ベッドから起き上がってもらうときに
「目がよく見える!」「世界が明るくなった感じ」と感嘆されることがあります。

私自身は極度の近視で眼鏡をかけないと常時視界がぼやけているせいか
受けた直後だからといってはっきりものが見えたりはしませんが
昔母に肩こりの治療をするといつも
「あっ 遠くのものが見えるようになった!!」と言っていたので、
血行不良で一時的に視力が落ちている場合には鍼は劇的に効くことを実感します。

「世界が明るくなった」って、素敵な言い方です。

ど近眼は鍼では治りませんが
今朝の新聞記事によると、「見る力」すなわち静止した小さなものを見分ける「視力」ではなく、
動いているものをはっきり見たり一瞬見ただけで多くの情報をつかんだり
広範囲を見る周辺視野の能力は、今からでも鍛えられるらしいです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 



「訓練によって何歳であっても読書の速度や運転能力の向上が期待できる」

キャッチボールすればボールを取り損なうしドッチボールはよけられない私は動体視力も怪しいので
自転車通勤を続けるためにも、この訓練は必要かも知れません。
Date: 2013.09.17 Category: 症状 と はりきゅう  Comments (0) Trackbacks (0)

百会のお灸

季節柄、ややウツっぽくなっている人、頭皮を押してみてください。
「ぶにょっ」としていませんでしょうか。
それは「頭がむくんでいる」のかも知れません。
頭のてっぺん近くには百会(ひゃくえ)というツボがあり、
ここが見事に凹んでいる場合、必要であればごくごく小さなお灸を据えます。
髪の毛をピンでよりわけてごまつぶほどのお灸を置いて
お線香で火をつけます。
毛の多い方だとよりわけても1、2本、髪の毛が焦げてしまうことがありますが
お灸で毛根がダメになることはないので
もちろんまたちゃんと生えてきます。
元気出てきますよ。

百会といえば、「美人になるツボ教えます!!」という
赤星先生のはりきゅうネタの漫画がありますが
その主人公の名前が百会(ももえ)ちゃん。
ナイスネーミング。
下ネタも容赦ないし
鍼の効果も多少極端に描かれている気がしますが、
ストーリーもこじつけ的でなく普通に面白いので読んでみてください。
治療室にも置いてあります。


Date: 2013.05.14 Category: 症状 と はりきゅう  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Saori Takano

Author:Saori Takano
「ここに来て良かった!」と心から言っていただける治療室を目指しています。

鍼灸治療は相性も重要、
来院するかどうか迷っている方は
ざっと読んでいただいて相性の参考にしてくださいね。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ