FC2ブログ

甲野陽紀氏 セミナー

甲野陽紀 さんの本
「身体は『わたし』を映す間鏡である」。


身体の話というと
鍼灸よりも合気道で考えてしまう今日この頃の私、
先月 この本の紹介を受けて読み始めたとき、
合気道で稽古していることと共通項がある、と
一気に引き込まれました。


「目の前のことを淡々とやることで気持ちにも身体にも落ち着きが生まれる」


別に落ち着いてないじゃんというツッコミが入りそうですが、
いやいや、結構真面目に淡々とやってますので
3年前とは気持ちも身体も違いますよ多分・・・。







そして昨日、九鍼研究会の午後の講座が
この甲野先生のセミナーだというので
すごく楽しみにしていました。


期待を裏切らない体験ができました!


意識の設定が大事というのは研究会代表の石原先生が
昔からおっしゃっていることですが、
その具体例を
二人一組で持った棒を押し合ったり、
肩を押して姿勢が崩れるかどうかの実験を通して
納得していくセミナー。


内容はほぼ本に書いてあることなのですが、
読んだ時は通り過ぎるようなことが、
やってみると奥深い。


「自分の意識の前提を変えると身体のパフォーマンスが変わる。」


例えば、床に平行に腕を伸ばして片足立ちして
先生が上から腕を押す。
軸足に意識がいっていると先生の手を支えられないけれども
挙げた方の足に意識を向けると
グイグイ上から押されても平気。
あ、そうか、
先日 ヨガのレッスンを初めて受けた時
何故かその場では片足で立てなかった理由がわかりました。
緊張して軸足のことばかり考えていたんですね。
それにしても、押されているときに
先生の方から「もうちょっと意識をこっちの足に、そう、できてます!」
とすぐ指導が来るのはびっくりしました。
流石、見ているだけでもわかっちゃうんだなあ。


ちなみに、この本には鍼灸の話は出てきません。
石原先生の出されている本の出版社つながりで
特別ゲストでお招きしたそうです。
でも身体の動きが手足末端の動きと連動しているのは
鍼灸で使うツボを選ぶときの考え方と同じと言えるし
マッサージでも、鍼を打つ動きの中でも役に立つだろうし、
場合によっては言葉の誘導だけで患者さんの感覚を変えるのも可能だと思われますので
鍼灸師は一読して損はないと思います。


調子に乗って、今日  意識の違いで動きが・・・と友人にやってみたけど
今ひとつ会場でやったほどには上手くいきませんでした。
雑念の多い環境下では
一動作一注意に誘導するのが難しい。


これから試行錯誤して
まずは自分自身から、もっと上手に身体を使っていこうと思います。


記念に本にサインしていただき、
面白かったね!とおしゃべりに夢中な帰り道、
私の肩に会の名前シールがデカデカと貼ったままだと
教えてくれる人は誰もいなかった・・・
家まで1時間、電車もバスも、そのままで帰ってしまいました!
昔 印堂にせんねん灸貼ったまま中央線に乗って以来の赤っ恥です。
まあそれくらい興奮が冷めやらなかったということでご愛嬌・・・。


本は治療室に置いておきます。
ご興味ある方は是非お手に取ってご覧ください。
Date: 2019.10.07 Category: 本・雑誌・新聞記事  Comments (0) Trackbacks (0)

ホームページをリニューアル

きよら鍼灸院のホームページを今月から
リニューアルしました。

今までのものは知人に私のリクエスト通りに作ってもらったサイトで
それなりに愛着もあったのですが
10年経つとネット環境がかなり変わって
「このサイトは安全ではありません」という警告文が出たり
スマホで見ると画面が切れていたり
不便を感じるようになったので全面改訂しました。

施術の内容は今までとほぼ同じですが
順番を少々変えて、びわの葉温灸の存在を以前より意識しているつもりです。
鍼灸院での枇杷の葉を使った温灸の需要は多分高くなくて
何より、一般への知名度が低いので
時々がんの既往の方が来るだけでしたが
今回ホームページ用の写真を取り直す為に
後輩に受けて貰いました。
「これ 気持ちいいし身体が温まる」
と好評だったのと
棒灸から立ち昇る煙が
やはり視覚にもいいなあ(やっている側にしか見えないんですが)と
あらためて思いまして、
もともと枇杷の葉温灸を存分にしたくて開業したことだし、
もっとこれを積極的にやっていこう、と決意を新たにしました。

本の引用みたいになってしまうので
効能PRはほとんど書いていませんので
細かな蘊蓄は他所にお任せするとして、
そもそも民間療法の延長なので
健康面で切羽詰まっていない人にこそ
極上のリラクゼーションとして
気軽にびわの葉温灸を受けて欲しいです。



そして今まで出来るときはなるべく受ける、というスタンスで
日曜祝日も開院したりしていましたが
自分の体調と生活管理にも意識を向け、
今後は火曜 金曜 日曜 は原則 休診になります。

ページ更新にあたってご意見・ご提案をしていただいた方々、
どうもありがとうこざいます!



Date: 2019.10.02 Category: きよら鍼灸院内関連  Comments (0) Trackbacks (0)

悩みのるつぼ 卒業講演会に行ってきました

ネットや新聞や雑誌の、悩み相談コーナーを読むのが好きです。
昔は世間には色々な悩みがあるな 自分の悩みなんか小さいな、
という視点で読んでいましたが
今では自分だったらどう答えるか、
回答者になったつもりで妄想しています。

悩み相談の回答者では
(恋愛相談中心なので最近は読んでないけど)DJあおいさんとか、
故・車谷長吉さんとか、好きな人は何人かいるけれども
中でも岡田斗司夫さんの回答が、
あとで読み返すくらい面白い。
その10年続いた朝日新聞の「悩みのるつぼ」連載もついに終了。
今日はそれを記念した「卒業講演会」に行ってきました。
好きに話したいし僕の趣味みたいなもんですから、とおっしゃって
参加費無料、会場費は岡田さんの自腹!

実は私が応募した分は見事に外れたんだけれども
くじ運の良い友達がいて幸いでした。




人気コーナーなのに引退する理由は

「自分の答え方がパターン化してきてしまって
回答を考える楽しさよりしんどさがちょっと上回ってきたから
辞めどきだなと思った」

からだそうです。

「こういう仕事はやり甲斐100%、それ以外は0%で臨むべき仕事」

なるほど。
新聞に載った実際の相談文を例に挙げて
どのように回答を導き出したのか解説してもらったのですが
岡田さんレベルには遠く及ばないにしても
職業柄 そこそこ 人の悩みは耳にすることがある身としては
全てが参考になりました。
岡田さんの回答に納得できず、
占い師のところに行って同じようなことを言われて
結局そこで納得した例

「所詮 新聞の人生相談のロジックは占い師に負ける」

とか、会場 爆笑でした。

後半は会場から集めた悩み相談メモに
その場で簡単に答える岡田さんらしいアドリブの効いたコーナーで、
笑いを取るところも多かったけれど
「自分の子が引きこもりで、
外に出るとご近所の親子が仲良く散歩していたりして
見るのが辛い、どうしたら人と自分とを比べなくなりますか」
という質問に対して
「この相談者はちゃんと周囲をよく観察していない。
引きこもりというのは外からは見えないんです。
自転車の数、洗濯物など
よくよく観察すれば
実はあなたの近所に同じような境遇の人は沢山いる。
引きこもりは500万人くらいいるという推測もある。
ということはそれぞれに両親や兄弟など、家族がいたとしたら
2500万家庭に引きこもりが一人いるということになります。
あなたがするべきは
まず近所の引きこもりを支援しているようなところに行って、
周りに実は同じ悩みを持つ親がこんなに沢山いるんだと知るところからじゃないでしょうか」
という真面目回答も。
「同じ悩みを持つ親は他にもいるはずですから支援センターに行ってみては」
というシンプル回答より、
ホワイトボードに家のイラストを書きながら
説明してくれる岡田さんの話の方がすっと入ってくるのは
やはり、結論をいきなり言わないで
筋道立てて説明してくれるのと、語り口調が柔らかいからですね。
レコーディングダイエットで痩せたところから
かなりリバウンドしてしまってるのが
ちょっと残念(?)だけど
やっぱり魅力的な人でした。






例年この時期は雨が多いですが
今日は降らなくて良かった。
帰りに近所のお神輿に遭遇できました。
Date: 2019.09.23 Category: 映画・舞台・展示・イベント  Comments (0) Trackbacks (0)

まゆみ シオン 野菊 トリトマ


「まゆみ シオン 野菊 トリトマ」という花だそうです。
なんて可愛い!
今年 知人からの紹介で知った方から定期的に野菜を送っていただいています。
北海道 錦景苑の宮中さん。
15年前から畑に落ち葉を引き込みながら土作りを始めて、現在無農薬・無化学肥料で野菜を作っていらっしゃる方なのですが
野菜と一緒にいつも素敵なお花が入っていて
それが毎回とても楽しみ。
野菜と一緒に写真をコラージュした手作り封筒に手書きの出荷野菜リストと手紙が入っていて
宮中さんの几帳面で誠実な人柄を感じます。
知人からは結構年配の方だと聞いているのですが
電話の声は年配という感じではなく、若い。
土から元気を貰っているのかも。
彼女の手紙を見ると
年を取るほどに、丁寧さが大事になってくるな
なんて思います。
Date: 2019.09.22 Category: 食べ物や雑貨の話  Comments (0) Trackbacks (0)

もんぺ作ってきました

今年の夏は久しぶりに「従来の夏」というか、
梅雨があって、猛暑があって、
そして8月の終わりには暑さも一服して虫の声が聞こえる、比較的まともな(?)夏だったように思われます。
この数年、特に去年は暑すぎました。

さて、過ごしやすい季節になると
あれやこれや、やりたいことを次から次に思いつきます。

先日、ネットで偶然見つけた松陰神社前の、せたがや縁側カフェさん主催
『久留米絣で作る‘うなぎの寝床’のもんぺ』というイベントに行ってきました。
うなぎの寝床』という、
久留米絣のもんぺを作っているメーカーさんの型紙で
洋裁の先生から手ほどきを受けながら自分でもんぺを作ります。
まあ、ネット通販で買うことも出来るんですが
自分で手を動かしたかったのと
所謂「パンツ」ではなく「久留米絣のもんぺ」を縫うというところに興味があったから。

最初に様々な久留米絣の生地を並べていただいて、
私は下川織物さんの縦縞柄を選びました。



結果的に出来上がったものは、
裾にゴムを入れなかったのと、型紙が通常のもんぺパターンよりやや細めなので、
普通のヒッコリーのパンツにも見えます。

人生で服を縫ったのは確かまだ3回目くらいですが
先生のご指導の甲斐あって上出来だと思います!

動きやすい。そして何より久留米絣の肌触りと軽いはき心地、最高。
普段の仕事着に決定~
調子良かったらもう一枚縫います。
作り方を覚えていれば、だけれども・・・

洋裁の先生との繋がりもできたので
今後 新しい患者着を作る時には先生のところでお世話になろうと思います。
またやりたいことが増えた。

来月もせたがや縁側カフェのもんぺ作り企画があるようです。
ミシンをほとんど使ったことがない人でも大丈夫!
少人数でとっても和やかな会でしたよ。
ご興味ある方は是非。

Date: 2019.09.04 Category: 食べ物や雑貨の話  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Saori Takano

Author:Saori Takano
「ここに来て良かった!」と心から言っていただける治療室を目指しています。

鍼灸治療は相性も重要、
来院するかどうか迷っている方は
ざっと読んでいただいて相性の参考にしてくださいね。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ